保育園

英語保育が受けられる施設

アルファベットと子供たち

将来の英語教育にも有利

グローバル化が進む社会の変化に合わせ、小学校の英語教育開始年齢を引き下げる動きにも見られるように、英語教育の重要性が高まってきています。英語学習の効果は年齢が低いほど高いと言われており、就学前から英語に親しむことで小学校以降の英語教育でも有利になるのは間違いありません。とは言えそこまでの英語力を親が持っている家庭は少ないため、大半の子供たちは小学校に入ってから英語教育を開始することになります。幼児を対象とした英会話教室なども存在しますが、最近注目されるようになったのは英語保育を受けられるプリスクールです。プリスクールが一般の幼稚園や保育園と大きく違うのは、スクール内では基本的に英語で生活を送るという点にあります。単に語学として英会話を学ぶだけでなく、日常生活の中で英語圏の文化にも親しむ機会を多く持つことができるのは大きなメリットです。そうした環境の中で楽しみながら英語と接するうちには、自然な形で英語力が身についていきます。多くの外国人が習得に苦労しているほど複雑な日本語を日本人の子供たちが容易に読み書きできるようになるのは、幼児期から日本語の文化に接しているからだと言えます。英語に関してもプリスクールで同様の環境に身を置くことにより、日本語のように扱えるようになると期待されます。プリスクールで英語に慣れ親しんだ子供たちは、将来の英語教育開始に当たっても有利なポジションを獲得することができます。英語教育の初期では英語文化に親しむことを目的とした授業が想定されますが、プリスクールを経験していればそれも難しいことはありません。場合によってはより高度な英語教育を行うインターナショナルスクール等への入学も視野に入り、本格的なバイリンガルを目指すことも可能です。評判のプリスクールは充実した英語保育を実施しており、教育熱心な親からも高い評価を得ています。